vol.51


今年の夏は、暑かったですね。
秋へと移り変わるこの季節、夏の疲れがたまり、体調を崩しやすいので、無理は禁物です。
心と体を休ませるのも大事な仕事のひとつですよーー。
スタ子ものんびりしよーっと・・
(ねえちゃん、のんびりしすぎじゃ・・・byリンタロー)


↓は凜の近くで上映される映画のお知らせです。
監督トークのゲストには、凛のピースイベントにも出演いただいたリクルマイさんです。ニューアルバムの「MW(エムダブリュー)は、スタ子オススメの1枚です。
同日、福祉会館で自主学校「遊」の文化祭も開催されます。

お知らせ

子どもたちの未来のために、地球のために─

知らなかったではすまされないことがある

 

鎌仲ひとみ監督作品  『六ヶ所村ラプソディー』上映会

同時上映『ヒバクシャ─世界の終わりに』

 

*監督トークあり 

*ゲスト:Likkle?? Mai(レゲエシンガー/ 国立在住)

 

私たちが毎日当たり前のように使っている電気。

その3分の1をまかなう原子力発電が生み出すゴミの行方をご存知でしょうか。

あるものは劣化ウラン弾に形を変えて戦時下のイラクやボスニアに降り注ぎました。

あるものは青森県六ヶ所村に運ばれ、猛毒のプルトニウムに「再処理」されようとしています。

莫大なエネルギーと引きかえに増え続ける放射能がもたらす未来とは?

私たちはどんな生活を、どんな豊かさを選択するのか?

世界に広がる放射能汚染の実態と日本の原子力政策の矛盾を描く2本の映画が、静かに問いかけます。

 

「世界中に起きているストーリー。人類史に普遍的なストーリ ー。」 坂本龍一(音楽家)

 

「ボディブローのように効いてくる映画だ」 池田香代子(作家・翻訳家)

 

●日時:2007年10月28日(日)

 

『ヒバクシャ─世界の終わりに』

第1回10:00〜 第2回16:15〜

 

『六ヶ所村ラプソディー』

第1回12:30〜 第2回18:30〜

*監督&ゲストトーク 14:30〜16:00

 

●会場: くにたち福祉会館大ホール

国立市富士見台2-38-5 / TEL 042-575-3221

 

●入場料金<全席自由/一日通し券>

前売・予約:¥1,000 

当日:一般¥1,300 学生(高校生以上)¥1,000

*中学生以下無料 

*第1回上映には保育あり ¥500〜<要事前予約>

 

●予約・問い合わせ

TEL/FAX:042-575-3833(スタジオ凛)/

042-576-2139(前田)/

090-4840-8406(小川)

 mail:kunitachi_rokkasho@yahoo.co.jp

 

●保育予約・問い合わせ

各映画、第1回上映には保育があります(10:00〜14:30)。お子様の年齢、体調などをご考慮のうえ、10月14日(日)までに下記までお申し込みください。<1歳半以上/定員あり>

TEL:042-523-8131(18:00〜21:00/中川)

 mail:nandi_hiromi@ybb.ne.jp

*保育料は500円(2時間まで)、800円(2〜4時間半まで)で保険料を含みます。

*乳児・小さなお子様をお連れのお客様も、ご一緒に映画鑑賞はできます。お気軽にお越しください。

主催:くにたち『六ヶ所村ラプソディー』をみる会

後援:国立市/一橋大学大学院社会学研究科「平和と和解の研究センター」


第3弾!!ヨシベジ 参加者募集!!

ご好評につき第3弾を企画いたしました!!

*Yoshi Veggie Workshop ベジ料理クッキングスクール

(日程と各回のテーマ)

 

10月7日 Harvest〜収穫の喜びを食卓に

11月3日 Hearty〜ほっこりあたたまる晩秋のメニュー

12月2日 Noёl〜手軽にささやかにおもてなし料理

 

各回とも、10:30〜13:30(デモンストレーション形式のワークショップ&食事)

参加費
3回全コース(前納)               12000円(一般の方)
10500円(STUDIO凛会員)
1回コース                        4500円(一般の方)
4000円(STUDIO凛会員)

定員9名(定員になり次第締め切り)(3日前までの予約が2名未満の場合はキャンセルとなります。)


10月の香り

Automne

オータム

樹木の香りで気持ちをおだやかに。

(パチューリ、シダー、オレンジ、セージ、e.t.c.)


*国立市制施行40周年事業“SO-ZO国立2007”のパンフも要チェックです!!いろいろなイベント盛りだくさんで面白そう!!


編集長 凛スタ子
2007年 9月20日 発行